まず最初の1本目は、
FRED STUBBLE(フレッドスタブル)を紹介します。

FRED STUBBLE(フレッドスタブル)を最初に知ったのは、
確かCI社のホームページにコナーコフィンのボードとして
紹介されていた記事を見つけた事が始まりだったかな、、。

そのページには、コナーコフィンの秘密兵器とあり、
ん!?なんか聞き覚えある名前だな?と思ったら、
FRED RUBBLE(フレッドラブル)の小波用ボードだった。

2011年のベストセラーボードFRED RUBBLE(フレッドラブル)
の小波用と聞いただけで調子が良いに決まってる!、
間違いない!これだ!と瞬間的に何も考えず
即行オーダー(笑)

アウトラインも癖が無く、乗りやすそうな印象。

IMG_1083

それから待つ事、約2.5ヶ月で届きました~。

FRED STUBBLE(フレッドスタブル)を最初に触った感想は、
この板薄~い!?こんな薄いの乗れるのか??
サイズ間違ってないか!?
と不安になるほどレール薄めでした、、。
同じ厚さの他のボードと比べても薄い印象です。

#4は勿論、ニューフライヤーなんかと
比べても若干薄いかなって感じで、当初は、
もう一段厚くても良かったかなとも思いました。

IMG_1084

それ以外は、さすが小波用だけに、
ロッカーも弱く、
テール幅が広く
癖がないスムースなアウトライン
かなり調子良さげです。

実際に乗ってからは、

パドル:
胸元からノーズへ向かい、ストリンガー付近にかなり
ボリュームがあり、スムーズに進んでくれます。
当初心配だったレールの薄さも気にならず、
逆に、この薄さが丁度よく感じられました。

テイクオフ:
胸元からノーズにかけて、ボリュームがあるので、
普段より前方でパドルする事が出来て、
テールの幅もあるので、かなり早くスムーズです。

パフォーマンス:
滑り出しが早いので、スピード感が強く、
安定していて、直進性がある印象です。
決して重たい訳ではないのですが、
直線的なラインのサーフィンの方が向いているかもしれません。
ドライブ性が高く、ルースなボードではないです。

評価:
今回カスタムオーダーしたサイズは、
自分的にはジャストフローでした。
本当に丁度良い浮力感で大成功です。
不思議と毎回、レールが薄く感じてしまうけど、、、。

滑り出しが早く、安定していて、癖が無く、
誰にでもお勧めできるボードです。

アクションも普通に行え、小波から普段の
メインボードとして十分に使えます。

ただ、個人的には、多少テイクオフを犠牲にしてでも
マニューバを重視するなら、ニューフライヤーかな~。

IMG_1085

ボードデータと使用者データを記載しておきます。
購入時の参考にでもして下さい。

ボードデータ
長さ: 5’8 (172.7センチ)
幅: 19 (48.26センチ)
厚さ: 2-5/16 (5.87センチ)
体積:26.5L

使用者のデータ
身長: 173センチ
体重: 67~68キロ

右下の歯車アイコン(設定)をクリックして
字幕→英語(自動字幕起し)→字幕を翻訳→日本語
を選択してから見てくださいね。

スマートフォンの方は、Youtubeアプリをインストールして
から見ると字幕を日本語に変更出来ますよ。