本日は、MSFの紹介です~。

今までショート一筋、この様なタイプのボードを
自分で購入して、乗ったことがありませんでした。

せっかく購入したので、今更と思う方も多いとは思いますが、
自分なりの感想をお伝えしたいと思います。

サーフィンの基礎を一から見直してレベルアップを図るには、
どーすれば良いかを考え始めたのが、購入するキッカケでした。

色々な人に相談しても返ってくる答えは皆同じで、

“やっぱり基本はシングルフィンでしょ~”

的な感じだったので、

シングルフィンのボードに乗ってレールワークを磨く

を目的にカスタムオーダーする事にしました。
※内心なんだかんだ言っても、ただ乗ってみたかった(笑

IMG_1093

以前、既製サイズの5’9”を触ったことがあり、
物凄くレールが厚かった記憶があったので、
少し薄くしてみました。

但し、シングルフィンは、レールの浮力で加速していく必要が
あるので、あまり薄くしない方がいいよって言われて結局、

既製サイズ 2-5/8(6.67センチ)
→ 2-1/2(6.35センチ)

へ少し薄くして、長さと幅も合わせて多少調整しました。

それでも持った感じは、慣れていない事もあり、
重くて厚く感じてしまいました。

IMG_1094

パドル:
少し薄くしたとは言え、厚さも長さもそれなりにあるので、
パドルは早いです。ただ、やはり重いので初速は遅く感じます。
一度スピードに乗ってしまえば重さも有利に働きスイスイです。
イーグルノーズなので、ノーズが反れている事を感じられず
ただの平たい板の上に寝そべっている感じがしました(笑

テイクオフ:
ロングボードと同じとは言わないけど、早い部類に入ると思います。
Joe(ジョー)と同様、スピードが出るまで時間が掛かるので、
早めにパドルを開始する必要があります。

パフォーマンス:
普通のショートボードのような軽やかな動きは出来ませんが、
レールを意識した大きな動きで、想像以上に動きます。
テイクオフ直後に蹴って波のトップにいくのではなく、
ボトムめがけて降りていく乗り方があっていると感じます。

評価:
思ったより結構、動かせるボードでした。
フィンの位置は一番前が調子良かったですね。
重さを利用したアップスンのグライド感は、
たまらなく気持ちが良いです。
他のボードでは味わえない癖になる乗り味です。
これに乗りこなせるようになったら楽しくて、
はまってしまいそうです。

IMG_1125

フィンは、
TRUE AMES (トゥルーアムス)
George Greenough (ジョージ グリーノウ)
7.5インチを使っています。
※チャンネルアイランド純正フィンは付属されなくなりました(涙

フィンを固定するネジは、マジックスクリューに替えてあります。
ドライバーなどの工具がいらず便利ですよ。

ボードデータと使用者データを記載しておきます。
購入時の参考にでもして下さい。

ボードデータ
長さ: 5’10” (177.8センチ)
幅: 19-7/8 (50.48センチ)
厚さ: 2-1/2 (6.35センチ)
体積:N/A

使用者のデータ
身長: 173センチ
体重: 67~68キロ

※※
今年一年、大変お世話になりました。
2015年も宜しくお願い致します!
尚、年明けの更新は、1月5日(月)以降を予定しています。