先日、読者の方から、フレッドラブルについて、
ご質問を頂き、回答させて頂きました。

購入をご検討の方に少しでも参考になればと思い、
せっかくの機会ですので、2014年以前に購入した
ボードに関しても紹介して行きたいと思います。

まず第一弾は、FRED RUBBLE(フレッドラブル) です。

実は、このボード3本目です。

なかなか自分にあったサイズが
分からずに3本目も買ってしまいました。

まず6’0”を購入してみたけど、
浮力ありすぎてオークションで放出。

次は、5’11”を購入。
コイツはしばらく乗ったけど、
やはり慣れてくると浮力と長さが気になって結局また放出。

そうなんですよ、
このボード意外と結構な浮力の持ち主なんです。

ノーズに向かってストリンガー付近に隠れたボリュームが
あるのです。

そして最後に、たどり着いたのが、現在の5’10”です。

今でも大きな波用として放出せずに持っています。

このボード1本でオールラウンドに使うなら、
もう少し短くして、5’9”くらいで良いと感じています。

IMG_1279

長さを変えることで、
厚さに関しても、2-3/8 → 2-5/16 → 2-1/4
と段々と薄くしていきました。

厚さに関しては、2-1/4では、気持ち薄いと感じます。
今では、2-5/16”マイナス(2-9/32”相当)がベスト
だと思っています。

IMG_1281

アウトラインは、ワイドポイントがセンターよりも
少しノーズ側に設定されているのでテイクオフは早く感じます。

また、テール幅が広いことも、
テイクオフを早くしている要因だと思います。

このボードは、素晴らしくバランスの良いボードです。

回転性、ドライブ性、直進性など、
見事にバランスよく対応していると強く感じました。

IMG_1280

ロッカーは、ノーズが少しだけ強くて、テールが 緩やかです。

※DFRは逆にエントリーロッカーが

緩やかでテールロッカーは強めです。

パドル:
長さが短い割には、
従来のパフォーマンスボードと変わらない印象です。
特段早くもないですが、遅くも無い普通と言った感じです。

テイクオフ:
胸元からノーズにかけて、ボリュームがあり、
テールの幅も広いので、滑り出しが早いです。

パフォーマンス:
レールを使った大きなカービングやタイトなターンなど
両方可能な回転性を備えています。
回転性、ドライブ性、直進性の全てが平均点以上の性能です。

評価:
浮力に関しては、若干足りない印象です。
ただ、僕の場合、小波では使わない事を考えると
丁度良いのかもしれません。

これ1本でオールラウンドに使用できますが、
日本の波だけであれば、普段使いは、
FRED STUBBLE(フレッドスタブル)にして、
頭以上の波で RUBBLE(ラブル)を
使う方が良いかと思います。

ただ、トリップに行く際には、必ず連れて行きたいボードです。

大きな波用として、
5’10”,19,2-5/16”マイナス(2-9/32”相当)
ラウンドテールで作ってみたいです。

IMG_1284

ボードデータと使用者データを記載しておきます。
購入時の参考にでもして下さい。

ボードデータ
長さ: 5’10” (177.8センチ)
幅: 19 (48.26センチ)
厚さ: 2-1/4 (5.72センチ)
体積:26.1L

使用者のデータ
身長: 173センチ
体重: 67~68キロ

右下の歯車アイコン(設定)をクリックして
字幕→英語(自動字幕起し)→字幕を翻訳→日本語
を選択してから見てくださいね。

スマートフォンの方は、Youtubeアプリをインストールして
から見ると字幕を日本語に変更出来ますよ。