実は、先週の土日は、湯河原温泉に行き、
波があれば、吉浜もしくは、湘南でサーフィン
出来ればいいなぁ~なんて期待していたのですが、
残念ながら、波のサイズが予想より上がらず
人も多いので諦めました。

IMG_1314
IMG_1313
サイズは膝腿たまに腰くらいでした。

と言う事で、Surfdaysはお休みして、
今日はDFRのご紹介です。

IMG_0935[1]

この頃、フレッドラブルが調子良かったんだけど、
デーンが乗るフレッドのDFRが気になって
しょうがなくなってきた。

後で知ったのだが、
DFRは、“Dane Fred Rubble”の略かと思ったら
“Dane Freaking Reynolds”と予想外。
全然違った。(笑

IMG_0479
確かに、比較してみたら、ロッカー、アウトラインなど
かなり異なっていました。

IMG_0480

エントリーロッカーが緩やかで、
テールロッカーはかなり強めです。
※フレッドラブルとは正反対ですね

IMG_0483

アウトラインは、ノーズエリアがフレッドと比べて細いです。

フレッドの経験もあったので、自分の身長より
ちょっとだけ長い5’9” にしました。

結果は、もっと短くても全然大丈夫そうです。
やはり自分の身長と同じくらいがベストかもしれません。

ウルトラモダンとか言う新しいショートボードのデザイン
だけあり短くても十分に浮力が得られている感じがしました。

但し、フレッドの厚さが若干薄い印象だったので、
2-5/16マイナス(2-9/32”相当)を指定。

結果は大正解。レールを持った感じベストな選択です。

テイクオフはフレッドと同等で早いほうだと思います。

従来のハイパフォーマスボードを短くした、
まさに今風の小波用ハイパフォーマスボードです。

1番の特徴は、回転性がよく、かなり鋭角なターンが、
やり易い事でした。

強めのテールキック(ロッカー)が影響していると思います。

この、強めのテールキック(ロッカー)が好きか嫌いかは、
大きく分かれる所だと思います。

そんなに脚力がなくても縦系へのアクションがし易いので、
個人的には好きなタイプです。

IMG_0937[1]

パドル:
やはり、フレッドと同じで短い割には早いです。
逆に、この短さで今迄と同等と言う事は、
もう長いボードの必要性が少なくなりそうです。
正直サーフボードの進化を感じずにはいられません。

テイクオフ:
エントリーロッカーが緩くテールの幅も広いので、
滑り出しが早いです。
※フレッドとあまり変わらない印象です。

パフォーマンス:
レールを使った大きなカービングやタイトなターンなどの回転性、
及びドライブ性も併せ持っています。

評価:
腰以下の波では、あまり良さを実感出来なかったです。
胸~くらいの波で、このボードの良さが実感出来ました。
トップでのアクションなど本当に素晴らしいモノがあります。
ただ、このボード1本で全てをこなすのは
正直辛いかもしれません。

また、フレッドとは甲乙つけがたいです。
完全に個人的な好みの問題だと思います。
強いテールロッカーのボードが好きな人は
ハマる可能性が高いと思いますよ。

アクション重視ならDFR、全体のバランスならフレッド
って感じでしょうか。

ん~、個人的には、かなり悩みますが、
結局は、万能選手的なフレッドを選択ですかね。
※実は、このボードは既に手元にありません

浮力的には、このボードがベストだったなぁ~。

IMG_0093w

ボードデータと使用者データを記載しておきます。
購入時の参考にでもして下さい。

ボードデータ
長さ: 5’9” (175.3センチ)
幅: 18-7/8 (47.94センチ)
厚さ: 2-5/16 マイナス(2-9/32相当 5.80センチ)
体積:25.9L

使用者のデータ
身長:173センチ
体重: 67~68キロ

右下の歯車アイコン(設定)をクリックして
字幕→英語(自動字幕起し)→字幕を翻訳→日本語

を選択してから見てくださいね。

スマートフォンの方は、Youtubeアプリをインストールして
から見ると字幕を日本語に変更出来ますよ。