サーフボードって買うとき、かなり悩みますよね~。

身近にシェイパーの知り合いが居て相談できる方はいいですが、
実際はそんな恵まれた環境の方って少ないと思います。

大抵の方は、ショップの店員さんとかと
相談する方が殆どですよね。

でも、各個人の見解などによってアドバイスも様々で
どれを選択すれば良いか迷ってしまいませんか。

サーフボードは、非常に高価なので試乗出来ればいいのに。
※最近チャンネルアイランドは、デモ試乗会やっていますね

ただ、沢山のサーフボードがある試乗会で漠然と自分に合った
サイズのボードを探すのは難しいと思います。

行く前に、ある程度の候補を絞り込んだ方が
スムーズに選べて迷っている時間が短縮されます。

 

自分に合ったサイズを知る方法は?

チャンネルアイランドのHPには、各モデルに対する
VOLUME CALCULATORがあります。

自分のレベルと体重を選択すると、
お勧めのサイズとリッター値が表示されます。

たとえば、このページの右上などにありますよ。
http://www.cisurfboards.com/surfboards/the-new-flyer/

※体重がポンド表示なので、換算して下さいね。
1ポンド(lb)≒0.4536kg ですので、
150ポンド(lb)≒0.4536kg=68.4kgとなります。

また、一般的には体重1kgに対して、
0.4リッター必要とも言われています。

たとえば、体重66kgだとすると、
66kg*0.4リッター=26.4L 必要となります。

リッター値は、モデルによっても様々に変化するので
増減には注意して下さい。

個人的なお勧めとしては、
リッター値を少し大目にすると良いですよ。

0.5L増やしたら結構違いました。

 

失敗を少なくするには?

正直、絶対に失敗しない方法なんて存在しないと思います。

僕なんか何回も失敗してますから(笑)

ある時は、店員のセールストークに乗せられて、
また、ある時は勝手に自分のイメージだけでサイズを
色々と変えてボードのバランスが狂ってしまったり、、、。

何度も失敗を繰り返してしまいました。

でも、そんな僕だから言える事があります。

実体験から学んだ事で、失敗を少なくする方法ならあります。

それは、メーカーサイトがWebで提供している
”ボードシミュレーション”を使うことです。

アルメリックなら、
BOARD BUILDER – CUSTOM ORDER ONLINE があります。

キャプチャ

 

 BOARD BUILDERとは?

モデルを選択して、長さ、幅、厚さを指定すると、
リッター値を自動計算して表示する機能です。

キャプチャ02

右上に変更後のリッター値が表示されます。

オリジナルのシェイプラインが赤色表示されて、
幅や厚さを変更すると比較が出来ます。

次のページでは、

キャプチャ03
ストリンガーの種類や色が選択可能

キャプチャ04
勿論、フィンシステムも自由に選べます。

キャプチャ05
フューチャーフィンなら色も選択可能です。

キャプチャ06
その他オプションとして、

PUやEPSなど素材、

巻きの選択、

クロスの追加、

チャンネルおよびレイルチャンネル、

デッキコンケーブ

など色々と指定出来ます。

また、次のページでは、
何気に、一番嬉しいのがロゴの選択や配置が出来る事です。

キャプチャ07
お好みのロゴを選択

キャプチャ08
配置も自由に変更できます。
併せて、カラー指定やデッキパッドも選択出来ます。

そして、圧巻なのが、CREATE 360°VIEWER ボタンを押すと、

キャプチャ09

キャプチャ10
このような、実写的な画像が表示され 360°確認出来ます。

 

まとめ

長さや幅を変更した場合の、
リッター値がどのくらい増減するのか
確認できて、より自分の適性値に近づけられます。

選択可能なロゴの種類などを知ることが出来て、
他人とは違ったボードをカスタマイズ出来ます。

このように平面ではなく、
立体的に完成イメージを見せてくれるのです。

自分がオーダーしたサーフボードの完成イメージを、
リアルに近い感覚で見る事が出来ます。

この様な機能を使う事により、サイズ選びや外観の
失敗したなぁ~が軽減できると思いますよ。

サイズなどで悩んでいる人、オーダー検討中の方は、
ココまで試せるシミュレーションは他にないと思うので
色々と試してみて下さい。

こちらから
⇒ http://www.cisurfboards.com/board-builder/