2015年の春夏モデルとして、
POD MOD(ポッドモッド) が発表されましたね。

以前セールスが好調だったPODを大幅改良し、
さらにパフォーマンス性能を良くしたのが、
POD MOD みたいですよ。

PODMOD

オリジナルPODより、更に短く幅広のデザイン設計、
シングル~ダブル~VEEボトムから、レールの切替し
やすいように、フラット~VEEボトムコンケーブに
変更されています。

位置付けは、High5(ハイファイブ)、Average Joe(アベレージジョー)
よりもハイパフォーマンス寄りのボードとなっています。

縦へのアプローチをやり易くする為に、
High5(ハイファイブ)よりテールを絞り込んでいますね。

レールは、ミディアムフルなので少し厚めなのでしょうか。

ロッカーは、ミディアムなのでソコソコ付いていると思います。

やはり、ノーズが広くボリュームがあるので、
ナチュラル~フロントフッター向けと説明されていますね。

自分の身長より3~6インチ短めのサイズを推奨しています。

波をキャッチするために、もう少しボリュームが欲しいけど、
性能を犠牲にしたくない初心者~上級者の方に、
お勧めのモデル設定となっています。

自分で乗るなら、5’4” か 5’6” 辺りかなぁ~。

dane-reynolds-quiver-not-for-tahiti-2011-decks
ちなみに、デーン・レイノルズは、チャンネル入りウィングスワロー
5’6″ x 19 3/4″ x 2 5/16″に乗っているみたいですよ。
⇒ http://www.cisurfboards.com/blog/2011/dane-reynolds-quiver-not-for-tahiti-2011/

以前セールスが好調だったPODを改良し、
パフォーマンス性能を良くした
POD MODも気になりますね。

もう、オーダー、取り寄せが出来るみたいですよ。

ただ個人的には、テイクオフが一番早いと思っている
マジックボードのAverage Joe(アベレージジョー)さまで
頑張りたいと思います。

それに、まもなく新しいボードが、、、ムフフ。(笑

 

★★★無料メルマガ配信中★★★

サーフィンを始めたばかりの初心者の方や、伸び悩んでいる中級者の方へ
上達する為のヒントとして無料メルマガを配信しています。
お気軽にご登録ください。
material-d-0083

なにかのヒント、なにかのキッカケになれたら嬉しいです。
Keep paddling ! !